低温でウメの実凍結、被害額は1億円超に 小田原など(産経新聞)

 神奈川県は1日、3月30日の低温で、県西部の小田原市や南足柄市、山北町などで栽培しているウメの実が凍結し、収穫が見込めない状態になったと発表した。

 被害総額の推計は約1億3800万円。近年、ウメの生産高が増えた事情もあり、凍結によるウメの被害では過去最大規模という。

 県によると、結実初期に寒さで果実の水分が凍っため、果実がしぼんでしまった。2市5町の栽培面積計217ヘクタールのうち182ヘクタールが被害を受け、南足柄市や大井町などでは被害率は95%に上った。

【関連記事】
蜜が入ってなくてもおいしい! じゃ、“蜜”って…
九州の収穫量は平年並み 21年産米、好天で
天候不順で野菜値上がり 農水省が対策指導
1俵18万 日本一高いコメを作る男の快適自給生活とは
ニンニク1000株盗まれる 青森

消防長が公務中、女性に私用メール…災害情報も(読売新聞)
「気付いたら手に財布が…」 JR東の車掌、花見客の財布盗み発見されOL殴る 警視庁逮捕、一部否認(産経新聞)
<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
<出入国管理基本計画>「外国人活用」議論の必要性盛り込む(毎日新聞)
米子のカッパロードに河童の三平像 鳥取(産経新聞)
[PR]
by jpfnlzpryy | 2010-04-09 01:07