報国寺 青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)

 風が吹くとザワザワという音と共に、水滴が顔に落ちた。孟宗竹(もうそうちく)が雨にぬれ、青竹色を深める。

【写真特集】春の草花をみる 毎日植物園・春

 神奈川県鎌倉市の報国寺にある竹林の庭園。40年ほど前に先代の住職が、江戸時代から自生する竹林を多くの人に見てもらおうと整備した。生えたタケノコはそのままにし、10年たつと間引く。手入れの良さがうわさになり、いつしか「竹寺」と呼ばれるようになった。

    ◇

 竹は成長するにつれ、若竹色から青竹色、黄色っぽい色へと変化する。【梅村直承】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:親子タケノコ、府中で見つかる
<春の雨>上井草球春譜
タケノコと草餅の会:春の味覚、200人舌鼓−−名張 /三重
後場市:県産タケノコ初 金沢で競り /石川

巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)
障害者自立支援法 「机上の空論作らぬ」定期協議で厚労相(毎日新聞)
<将棋>三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
[PR]
by jpfnlzpryy | 2010-04-23 04:41