日本、カメルーンと対戦=オランダはデンマーク破る―W杯サッカー(時事通信)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)時事】サッカーの第19回ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第4日は14日、当地のフリーステート競技場で、4大会連続出場で1次リーグE組の日本がカメルーンと対戦。
 日本は本田(CSKAモスクワ)を1トップに置く4―5―1の布陣。中村俊(横浜M)、岡崎(清水)は先発を外れた。世界ランキングは日本が45位で、カメルーンは19位。日本は19日にオランダ、24日にはデンマークと対戦する。
 2002年日韓大会以来の決勝トーナメント進出を目指す日本にとって大事な初戦。カメルーンとの対戦成績は日本の2勝1分けだが、すべて日本国内での対戦。日本は勝てば、国外開催のW杯で初勝利となる。
 14日には、同じE組のオランダとデンマークがヨハネスブルクで対戦し、オランダが2―0で勝った。連覇を狙うF組のイタリアはケープタウンでパラグアイの挑戦を受ける。 

普天間移設、8月末の地元合意は困難…防衛相(読売新聞)
与野党党首会談を要請=野党(時事通信)
ミシン30万台リコール=ハンドル折損の恐れ―ブラザー(時事通信)
「無罪勝ち取り、出直したい」 前大阪・枚方市長、近く政治活動再開へ(産経新聞)
検察のつめ甘い…裁判員裁判で初の無罪判決(読売新聞)
[PR]
by jpfnlzpryy | 2010-06-19 05:03