<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)時事】サッカーの第19回ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第4日は14日、当地のフリーステート競技場で、4大会連続出場で1次リーグE組の日本がカメルーンと対戦。
 日本は本田(CSKAモスクワ)を1トップに置く4―5―1の布陣。中村俊(横浜M)、岡崎(清水)は先発を外れた。世界ランキングは日本が45位で、カメルーンは19位。日本は19日にオランダ、24日にはデンマークと対戦する。
 2002年日韓大会以来の決勝トーナメント進出を目指す日本にとって大事な初戦。カメルーンとの対戦成績は日本の2勝1分けだが、すべて日本国内での対戦。日本は勝てば、国外開催のW杯で初勝利となる。
 14日には、同じE組のオランダとデンマークがヨハネスブルクで対戦し、オランダが2―0で勝った。連覇を狙うF組のイタリアはケープタウンでパラグアイの挑戦を受ける。 

普天間移設、8月末の地元合意は困難…防衛相(読売新聞)
与野党党首会談を要請=野党(時事通信)
ミシン30万台リコール=ハンドル折損の恐れ―ブラザー(時事通信)
「無罪勝ち取り、出直したい」 前大阪・枚方市長、近く政治活動再開へ(産経新聞)
検察のつめ甘い…裁判員裁判で初の無罪判決(読売新聞)
[PR]
by jpfnlzpryy | 2010-06-19 05:03
 兵庫県明石市で01年7月、11人が死亡した歩道橋事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元県警明石署地域官、金沢常夫(60)▽元警備会社支社長、新田敬一郎(68)の両被告に対し、最高裁第1小法廷は5月31日付で、上告を棄却する決定を出した。2被告を禁固2年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。横田尤孝(ともゆき)裁判長は「被告らが混雑規制を行うよう周辺に配置された機動隊に要請していれば事故は回避できた」との判断を示した。

 両被告とともに起訴された元明石市幹部3人は既に執行猶予付きの有罪が確定している。一方、容疑不十分で不起訴となった明石署元副署長は4月、神戸第2検察審査会の議決に基づき全国で初めて強制起訴された。

 1、2審判決によると、金沢被告らは01年7月21日、明石市の大蔵海岸公園で実施された花火大会の現地警備を担当。大会終了前に公園と最寄り駅を結ぶ歩道橋が過密な混雑状態になっていることを認識しながら流入規制などの措置を怠ったため、群衆が折り重なるように倒れ、11人が死亡、183人がけがをした。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
陸山会事件:辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
陸山会事件:小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず
陸山会事件:石川議員を任意聴取 小沢氏の関与改めて否定

日本芸術院賞 天皇、皇后両陛下迎え授賞式(毎日新聞)
<クロマグロ>初水揚げ 「まずまずのスタート」(毎日新聞)
信号機故障、阪神電車ダイヤ乱れる(産経新聞)
<弁護士殺害>資料に名前の男性、行方不明に 横浜(毎日新聞)
財務相に野田氏、戦略相に荒井氏=岡田外相ら11閣僚再任へ―菅新首相(時事通信)
[PR]
by jpfnlzpryy | 2010-06-08 13:28